伶羽的桃尻十六雑記

MMORPG「完美世界~Perfectworld~」での伶羽の生涯を描く(予定)超大作自伝。

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文

五十九雑記・スキマのある生活 Vol.2

2012/02/19 21:55

ついに。

えぇついに、転職の扉を開いちゃいました。

未来を変える漢(おとこ)、伶羽です。

ご機嫌麗しゅう。

しかしこの寒さはどうにかならん?

ガス、電気代が高くなってかなわんわー。




そんな訳で、

ちょメ日記を半笑でご覧になって下さっておられる方は

すでにお解かりになられるかと存じますが、

つい先日、

スキマスイッチのLIVEに赴いた訳ですよ。

愛するオカノジョと。

熊本まで。

イチャイチャしながら。





感想から言っちゃうと、

言わせて頂くと、



いやーーーー

熱かった!!(ベタだけど)

帰りの車の中は、むろん一人LIVE状態。

(オカノジョは夜勤明けで爆睡してたの)

延岡までの約3時間、ノンスットプで熱唱してまひた。



前回のスキマレポート的なヤツは

めんどくせぇので書きませんが、

この感動だけは、なぐり伝えたいなぁと思いまして。

テレまして。

はじめまして。





スキマスイッチのLIVEに参加するのは、

実はこれで3回目。

2年前のラグランジュポイントツアーから始まり、

去年のファンクラブツアーVIP.vol2、

そして今回のmusiumツアー。



時を経るごとに進化するスキマスイッチ。

聴覚、視覚、触覚にまで響くSOUND。

あんたらすげーよ。





私ってば、

物心付いたときから音楽に興味を持ち、

小学生の頃には、

ラジカセをTVのスピーカーの前に置いて

ザ・ベストテンで流れる歌をラジカセに録っていた。

むろんビデオも無い時代だので、一発録り。



中学生の頃、

友達の前でアカペラで本気で歌って爆笑され

人前で唄う事がトラウマになる。



人より歌が上手だと気付いたのが、

高校生になり同級生と初めて行ったラカオケ。

それから狂ったようにカラオケに通い、

女子の心を掴む術を身につける。



今まで数え切れないほどのアーティストの曲を聴いてきたつもりだ。

約、三十と数年間、どれほどの曲を唄ってきたのか。



んが、



いちアーティストのファンクラブに入った事はなかった。

ファンクラブ『なんて』、と思っていた。



そう、
晴れ時々曇り
彼らに出会うまでは。。。





あ、





申し訳なひ。

話が飛びすぎましたネ。



まぁ、そんな訳で、

私にとってスキマスイッチという存在は、

無くてはならないモノ。

生活のイチブ。

No スキマ,No Life なのです。



そうだ、



今度一緒にLIVEに行きませんか?

ええ、アーティストは なんでもOK です。

LIVEの後はここでは言えませんけどネ☆(テヘッ
スポンサーサイト
リアル系?記事全文

プロフィール

伶羽

Author:伶羽
カペラギルド
「カフェミルフィーユ」在籍。
伶羽と書いて
「りょー」と読みます。
実子の名前です。
よろちくびです。

最近の雑記

月別アーカイヴ

幸せのカテゴリー

リンク

閲覧カウンティスト

Loveメールそーしん

Loveメール

オススメ的なアレ

Copyright(C) 2006 伶羽的桃尻十六雑記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。